症状から探す

1、腹痛

腹痛

腹痛といっても痛みの程度や部位、痛みの持続時間などにより様々な病気が考えられます。

・上腹部
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、逆流性食道炎、アニサキス症、胃がん、胆石、 総胆管結石、胆のう炎、膵炎など

・下腹部
虫垂炎(盲腸)、大腸憩室炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、大腸がん、尿管結石、膀胱結石、卵管捻転、子宮外妊娠など

先ずは問診や触診に加えて、採血やレントゲン検査を行います。さらに必要があれば、 腹部エコー検査(超音波検査)や内視鏡検査(胃カメラ検査、大腸カメラ検査)などの検査を行います。

2、便通異常(下痢・便秘)

便通異常(下痢・便秘)

慢性的な下痢の場合、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎や クローン病など)は、比較的若い世代層の方でも多く発症しています。ストレス、自律神経系の乱れ、生活習慣が関連すると考えられている過敏性腸炎などが考えられます。

急な腹痛や下痢を伴う場合は、 最近やウイルスによる感染性腸炎や食中毒の可能性もあります。

便秘や便が急に細くなった場合は、 大腸がんの可能性もあり、大腸カメラ検査による精密検査を受けていただく必要があります。

3、上腹部症状

上腹部症状

上腹部の症状で特徴的なのが「胃酸がこみ上がってくる」、「胸が焼けるように熱い感じがする」といった症状です。これは逆流性食道炎でみられる症状です。

上腹部の症状では逆流性食道炎の他に、機能性ディスペプシア(特に異常がなくても胃の動きが悪くなる病気)や胃潰瘍、十二支胃腸潰瘍、胃がんという病気でもみられます。これらの病気は胃カメラ検査で、食道、胃の粘膜の状態を観察して診断し、症状に応じて適切な治療を行います。

4、健診異常

健診異常

病気の早期発見を目的に毎年受けていただくのが健康診断や検診、人間ドックです。健康診断や人間ドックで「異常あり」「要検査」と指摘された方は、“なんらかの病気の可能性が高い”ということです。

特に自覚症状がなくても一度は精密検査として胃カメラ検査や大腸カメラ検査、超音波検査などの各種検査を受けることを推奨します。

5、血便・黒色便

血便・黒色便

血便や下血というと真っ赤な便(鮮血便)をイメージされる方も多いですが、鮮血便の他にも暗赤色便や粘血便、黒色便(タール便)などあります。

血便を引き起こす病気は「血便がいつからなのか」「腹痛などの痛みを伴うのか」「出血量は多いのか」などにより疑われる病気も異なってきます。

・腹痛などの痛みを伴わない場合
大腸がん、大腸ポリープ、痔、切れ痔、大腸憩室出血、胃がんなどが考えられます。

・腹痛などの痛みを伴う場合
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、虚血性腸炎、感染性腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。

6、喉のつかえ感

喉のつかえ感

最も多い原因として、逆流性食道炎が考えられます。
また、食道がん、咽頭がん、喉頭がんなどの悪性腫瘍の可能性もあり、胃カメラによる診断が重要です。

他には、頻度は少ないですが、食道と胃のつなぎ目がゆるくならずに強く締まっているために食べ物が通過しにくい食道アカラシアや、好酸球性食道炎といった特殊な病気のこともあり、いずれにしても早期に胃カメラを受けていただくことが大切です。
中高年の方の場合、心臓の病気である狭心症の症状として出現する場合もあります。必ずしも消化器の病気ではないこともあり注意が必要です

お問い合わせ

TEL:03-6909-2761