胃内視鏡検査
(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、口、または鼻から細い管の先端についたカメラを挿入して、医師が直接体の中を見ることで、病変を早期発見したり、診断したりする検査のことです。のどの奥、食道、胃、十二指腸を調べ、ポリープや潰瘍、がんなどを診断することができます。

診療内容−胃内視鏡検査(胃カメラ)

いつ受けるの?

以下のような場合は、胃内視鏡検査をご検討ください。

※当院は目黒区50歳以上胃がん検診(内視鏡検査)実施医療機関です。
詳しくは目黒区のホームページを御覧ください。
まずお問い合わせいただければ、必要に応じて検査をご案内いたします。

胃内視鏡検査でわかる主な病気

胃内視鏡検査のメリット

胃の病気の中でも、「胃がん」は特に注意すべき病気のひとつです。
胃がん検診としては、胃部X線検査(バリウム検査)と胃内視鏡検査(胃カメラ)がありますが、胃の中を直接見て病気を見つける胃内視鏡検査は、初期のがんなども発見しやすく、のどの奥や食道のがんも見つけやすいメリットがあります。放射線被爆がないことも胃内視鏡検査のメリットです。

胃がんを早期発見するには?

当院の検査の特徴

当院の胃内視鏡検査(胃カメラ)では、正確な診断で早期の病変を見つけることを目指し、画質の高い機器の使用と質の高い読影にこだわっています。

正確な診断のために

正確な診断のため、当院では、がんの早期発見に有効なNBIという技術を使った最新機器を導入しています。
がんは自分が成長するために、毛細血管から栄養を取り込みますが、NBIは、特殊な光をあてることで毛細血管を浮かび上がらせて、微細な病変部分を見やすくします。

NBI機能搭載の内視鏡

NBI機能搭載の内視鏡

胃内視鏡検査の手順

検査費用

内視鏡検査料金(目安)3割負担 ※10%税込
胃カメラ(鎮静剤込)
保険診療 ¥7,000~10,000
(病理検査の有無により変動)
大腸カメラ(鎮静剤込)
保険診療 ¥10,000~12,000
(病理検査の有無により変動)
胃・大腸カメラ同時(鎮静剤込)
保険診療 ¥20,000前後
(上下 各生検1ヶとして)
※大腸内視鏡事前説明
①eコロン ¥1,690
②ラキソベロン ¥320
合計 ¥2,010

胃内視鏡検査は完全予約制にて行っております。以下よりお問い合わせ・ご予約ください。

お問い合わせ

TEL:03-6909-2761