ソアレメディカルクリニック

目黒区で女性医師の大腸カメラは
ソアレメディカルクリック

以下の項目に該当する方は要注意です

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、細い管の先についたカメラを肛門から挿入して、医師が直接大腸の中を見ることで、病変を早期発見したり、診断したりする検査のことです。直腸から大腸すべてを調べ、腸内の粘膜にできたポリープや潰瘍、がんなどを診断することができます。

診療内容?大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

~いつ受けるの?~

以下のような場合は、大腸内視鏡検査をご検討ください。

まずお問い合わせいただければ、必要に応じて検査をご案内いたします。

~大腸がんと便潜血検査の関係~

大腸がんは発症初期の段階では自覚症状を感じることなく病状が進行し、腹痛、血便などの症状をみられた時には進行がんへと成長している可能性が高いです。近年では食生活の欧米化や生活習慣の変化などの要因もあり、大腸がんの発症率や死亡率は増加傾向です。

しかし大腸がんは早期発見できれば、決して怖い病気ではありません。その大腸がんの早期発見で有効なのが便潜血検査です。便潜血検査は、便中に血液が混入しているかを確認する検査で、目では確認することが出来ない微量な血液の混入であったとしても検出出来ます。

腸管内にポリープがあったりや大腸がんを発症したりしていると、便が通過する時に擦れることで粘膜から出血するので、便潜血検査で確認する事が出来ます。また他では潰瘍性大腸炎や痔核による出血でも検査が可能です。

目黒区で実施している大腸がん検診で便潜血反応がございます。便潜血検査で陽性と指摘された際は、大腸カメラ検査を受けていただきたく思います。

~40歳を過ぎたら一度は大腸カメラ検査を~

40歳を過ぎると大腸がんの発症リスクは上昇していきます。そのため、40歳を超えたら定期的に大腸カメラ検査を受けることが推奨されています。大腸カメラ検査で、大腸がんが疑われる組織があった場合は、その部位の採取・ポリープ切除を行います。大腸カメラ検査は苦しい検査と思われ、大腸カメラ検査受診を敬遠されることが多いですが、当院では皆様に快適に受けていただくために様々な工夫を行っています。詳しくは下記をご覧下さい。

当院の検査の特徴

1、鎮静剤の使用した苦しくない大腸カメラ検査

大腸カメラ検査を受けられる皆様が快適にお受けいただけるよう、当院では鎮静薬を使用しています。鎮静剤を使用するので「眠った状態で大腸カメラ検査」を受けることが出来ます。検査後はリカバリールームで休憩してからご帰宅できます。

大腸カメラ検査時に緊張されていると、腸管の動きが悪くなる事があり内視鏡スコープを挿入することが難しくなってしまいます。また、スコープの挿入が難しくなるので腸管内の観察精度も落ちてしまいます。大腸カメラ検査の精度を高めるためにも鎮静剤でリラックスした状態で大腸カメラ検査を受けていただきたく思います。

2、NBI拡大内視鏡検査で見落としリスク軽減

正確な診断のため、当院では、がんの早期発見に有効なNBIという技術を使った最新機器を導入しています。がんは自分が成長するために、毛細血管から栄養を取り込みますが、NBIは、特殊な光をあてることで毛細血管を浮かび上がらせて、微細な病変部分を見やすくします。

NBI機能搭載の内視鏡

NBI機能搭載の内視鏡

3、経験豊富な医師が全例検査を実施 

当院院長は消化器内視鏡専門医のライセンスを有しており、今までに2万例の検査実績があります。今まで培った経験を活かして今後も1件1件丁寧に検査を行います。

~女性医師が担当~

特に女性の患者さんの場合、男性医師による大腸カメラの検査に抵抗がある方もいらっしゃると思います。当院では医師、スタッフ全員が女性ですので、抵抗感少なく検査をお受けいただくことができるかと思います。わからないこと、不安に思っていることがあれば遠慮なくお聞きください。

4、土曜日も大腸カメラ検査を実施

当院では、平日忙しい方々でも大腸カメラ検査をお受けいただけるように、土曜日も大腸カメラ検査を実施しています。大腸がんは早期発見が出来れば決して怖い病気ではありません。「大腸がんに負けない目黒区」の実現のためには、働く世代の皆様への大腸カメラ検査の普及は欠かせません。この目黒区から大腸がんで苦しむ方を減らすために、是非土曜日の大腸カメラ検査もご受診下さい。

5、日帰りで大腸ポリープを切除 

大腸カメラ検査中に切除する必要のある大腸ポリープを発見した際は、その場で切除を行います。全ての大腸ポリープではありませんが、一部の大腸ポリープは切除せずに放置しておくと大腸がんへ成長してしまうことがあります。ただ、大腸ポリープのサイズが大きい場合やポリープ切除後の出血リスクが高い場合は、近くの総合病院へ紹介させていただくこともあります。

~大腸内視鏡検査のメリット~

大腸の病気の中で特に注意すべきもののひとつが「大腸がん」です。早期の大腸がんは自覚症状がないことが多く、大腸内にできたポリープなどからがんになることも少なくありません。大腸内視鏡検査は、直接大腸の中を見て調べることができ、大腸がんの早期発見につながります。

6、1日で上下部の検査が可能

当院では大腸カメラ検査と胃カメラ検査が同じ日で受けることができます。お仕事で忙しい方や家事等の兼ね合いで、内視鏡検査のために時間を何日も取ることができない方にはおすすめです。先ずはお気軽にご相談ください。

7、感染対策を徹底した内視鏡洗浄

大腸カメラ検査時に使用した処置具は、消化器内視鏡学会が定めているガイドラインに則った消毒・洗浄法を行っております。皆様が安心して大腸カメラ検査を受けられるようスタッフ一同協力して環境整備を行っております。

大腸内視鏡検査でわかる病気

大腸内視鏡検査の手順

大腸内視鏡検査では、大腸内に便が残っているとしっかりした観察ができません。そこで事前に大腸内をきれいにする必要があります。

検査費用

内視鏡検査料金(目安)3割負担 ※10%税込

胃カメラ(鎮静剤込)
保険診療 ¥7,000~10,000
(病理検査の有無により変動)
大腸カメラ(鎮静剤込)
保険診療 ¥10,000~12,000
(病理検査の有無により変動)
胃・大腸カメラ同時(鎮静剤込)
保険診療 ¥20,000前後
(上下 各生検1ヶとして)
※大腸内視鏡事前説明
①eコロン ¥1,690
②ラキソベロン ¥320
合計 ¥2,010

大腸内視鏡検査は完全予約制にて行っております。以下よりお問い合わせ・ご予約ください。

お問い合わせ

大腸がんによる死亡者数は近年増加していますが、早期発見が出来れば決して怖い病気ではありません。大腸がんで苦しい思いをされる方を減らすために40歳以降になりましたら定期的に大腸カメラ検査を受けていただき、大腸がん予防に努めていただきたく思います。

「大腸カメラ検査は辛い・苦しい検査である」と悪いイメージを持たれることが多いですが、当院では少しでも楽に大腸カメラ検査を受けていただけるよう、スタッフ一同協力して様々な工夫を行っています。大腸カメラ検査をご希望される方はお気軽にご相談下さい。

文責:原かほる

24時間
WEB予約

お問い合わせ

TEL:03-6909-2761