逆流性食道炎

以下の症状がみられる方は
逆流性食道炎の可能性があります

逆流性食道炎とは

胃酸を多く含む胃の内容物が食道内に逆流することで、様々な症状が生じることを逆流性食道炎と言います。近年、食事の欧米化など様々な要因が重なり、逆流性食道炎を発症される人が増加傾向です。

逆流性食道炎とは

胃には粘膜があり胃酸から守られていますが、食道は胃液などの強酸に対する抵抗が低く、胃液が逆流することで食道内で炎症が起こります。食道粘膜が長く胃酸にさらされてしまうと潰瘍を起こし、食道がんのリスクが上昇してしまいます。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎が起こる主な原因は、胃から食道への逆流を防ぐ役割を担っている下部食道括約筋の筋力が低下する事です。この筋力は加齢により低下してくるもので高齢者の病気だと認識されていましたが、近年は若い人にも症状がみられます。

逆流性食道炎の原因

若い人で逆流性食道炎が起こる原因としては、生活習慣病の悪化・ストレスなどが考えられます。食事では高脂肪や高タンパク質の過剰摂取、生活面では、食べた後すぐ横になる、衣類によって締め付けられる状態が続くと逆流性食道炎の発症リスクが高まります。

良くみられる症状

「胸焼け」逆流性食道炎の特徴的な症状です。食道粘膜には胃酸などの強酸に対する耐性が低いため、胃酸が食道中に逆流することで食道粘膜上で炎症が起こります。その際、胸が焼けるような痛みを感じますがその症状を「胸焼け」と言います。

その他で良くみられる症状としては、腹痛(胃痛)、吐き気、咳が長期間続く、のどの違和感(食べ物を飲みこみにくい、のどがしみる)などの症状が挙げられます。

症状を感じていても治療せずに長期間放置していると、食道がんを引き起こす事も知られています。上記のような症状でお悩みの方はお早めに医療機関までご相談下さい。

診察・治療

~薬物治療~

一般的に逆流性食道炎を治療するには、胃酸の分泌を抑制する医薬品や胃酸を中和させる医薬品が投与されます。先ずは診察時に症状の確認を行い、発症している症状にあった適切な医薬品を処方します。

~逆流性食道炎は内視鏡検査を~

内視鏡検査(胃カメラ検査)は、口や鼻からカメラを挿入して、のどの奥、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。胃カメラ検査ではポリープや潰瘍、がんなどの診断が行えます。逆流性食道炎では「胸焼け」「胃痛」「吐き気」「のどの違和感」「咳が長期間続く」などの症状がみられます。しかし、これらの症状は食道がん、胃がん、咽頭がんなどでもみられる症状です。

そのため上記のような症状が診られる際は胃カメラ検査を受診し、胃がん・食道がんの危険性を否定する必要があります。当院の胃カメラ検査は快適に検査を受けられるよう様々な工夫を行っています。ご興味がございましたら是非胃カメラ検査ページもご参照下さい。

~食事・生活面~

高脂肪食は逆流性食道炎の悪化を招くため、チョコレート、アルコール、コーヒー、炭酸飲料、柑橘系ジュース、マーガリン、香辛料、玉ねぎ、動物性油脂、餅、あんこ、饅頭などの食べ物の過剰摂取は控えて下さい。また、喫煙も逆流性食道炎の発症リスク上昇を招きます。

生活面の改善では、前屈位を避ける、定期的な運動、食べた後すぐ横にならない等の注意が必要です。

お問い合わせ

ソアレメディカルクリニックは食道がん・胃がんで苦しい思いをされる方を一人でも減らす為に、逆流性食道炎の診察・治療を行っています。胸焼け・吐き気・胃部不快感などの症状でお悩みの方はご遠慮なくご相談下さい。

お問い合わせ

TEL:03-6909-2761