血便

以下の項目に該当する方は要注意です!

血便とは

血便とは、血が混じっている便のことを言います。食道、胃、十二指腸、大腸や肛門などの消化管内で出血することで便に血が混じります。

血便とは

血便を厳密に言うと2種類あり、下部消化管(大腸や肛門)から出血した場合を血便と言い、上部消化管(胃や十二指腸)で出血した場合を下血と言います。血便がみられる場合は、大腸がんや潰瘍性大腸炎などの重大な病気が潜んでいる可能性があります。

~血便の種類~

出血を起こしている場所や出血量によって、便の色や形が様々です。血便がみられた際は便の色や便の形を覚えていただき、診察時に診察医師までお伝え下さい。

・黒色便(タール便)
上部消化管(胃や十二指腸)で出血をしている場合は、黒色便(タール便)がみられます。血が胃酸によって酸化されるため、墨汁のような真っ黒の便がでます。黒色便が診られる代表的な病気は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどです。黒色便がみられた場合は内視鏡検査(胃カメラ検査)で上部消化管の精密検査を受けて下さい。

・暗赤色便
薄暗い赤色の便です。小腸や大腸から出血すると、暗赤色の便がみられます。暗赤色便がみられる代表的な病気は感染症や大腸憩室などです。暗赤色便がみられた場合は内視鏡検査(大腸カメラ検査)で大腸内の精密検査を受けて下さい。

・粘血便
苺ジャムのような粘膜が付着した便を粘血便と言います。粘血便がみられる代表的な病気は感染症(赤痢アメーバ)や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)などです。粘血便がみられる場合は内視鏡検査(大腸カメラ検査)で大腸内の精密検査を受けて下さい。

・鮮血便
血液を多く含んでいる便を鮮血便と言います。鮮血便は肛門周囲の異常で出血している場合にみられ、便器内が血で真っ赤になります。鮮血便でよくみられる代表的な病気は痔や直腸がんなどです。鮮血便がみられる場合は問診や直腸診を行い、必要に応じて内視鏡検査(大腸カメラ検査)で精密検査を行います。

血便を引き起こす病気

・痔(いぼ痔 切れ痔)
痔の場合は出血量が少ないですが、排便後に拭いた紙に血が付いたり、便器内が赤くなったりします。痔は出血以外でも肛門の痛み(排便時の痛みも含む)、肛門周囲が痒くなったりや肛門の違和感を感じることがあります。痔の治療目的で医療機関に行くのが恥ずかしいと思われる方が多くいらっしゃいますが、治療せずに放置していると余計に症状が進行してしまいます。少しでも肛門に違和感を感じる際はお早めにご相談下さい。

・虚血性腸炎
虚血性腸炎の場合は出血量は多いです。虚血性腸炎は特に高齢者の方に多くみられる特徴があります。高血圧、糖尿病、高脂血症などによる動脈硬化、便秘などが原因となって大腸内の血流が悪くなり、血液が通らない部分の組織が壊死することで出血を引き起こします。突然の強い腹痛と下痢が発症してから血便がみられます。

・大腸憩室出血
大腸憩室出血は腹痛や発熱などの症状なく突然に、多量の出血を引き起こします。憩室とは大腸壁を支えている筋肉が加齢と共に弱くなる事で、大腸内の圧力が強くなり、粘膜が大腸壁の外へ袋状に飛び出す変形を言います。憩室部を流れる血管は細く弱い為、憩室がみられる方の約10人に1人が出血や炎症を引き起こします。

・大腸がん・大腸ポリープ
大腸がんや大腸ポリープの場合は出血量がそこまで多くありません。大腸がんの発症初期の段階では、特に自覚症状を感じることがありません。大腸がんの早期発見で有効なのが便潜血検査です。大腸がんも早期発見・早期治療ができると決して怖い病気ではありません。自覚症状なく進行していくので便潜血検査や大腸カメラ検査を定期的に受けていただく必要があります。

・潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎の場合は出血量は様々です。病状によって出血量が異なります。潰瘍性大腸炎でみられる血便は粘膜が付着した粘血便が特徴です。粘血便以外でも下痢、腹痛を慢性的に繰り返します。潰瘍性大腸炎の発症原因はまだ明確となっておらず、国が指定する難病に指定されていますが、近年潰瘍性大腸炎の患者数は増加傾向にあります。

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん
出血量は少ない時もあれば多い時もあったりと様々です。上部消化管内で出血すると、血液が胃酸によって酸化されるため、墨汁のような真っ黒い便(黒色便)がでます。胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんではみぞおち付近の痛み(胃痛)や胃の膨満感、吐き気などの症状を感じます。

血便でたら直ぐに受診しましょう

血便は消化管内で異常が生じているサインです。血便がみられる場合は些細なことでも構いませんので、一度医療機関までご相談下さい。「いつ血便がみられたのか?」「便の色や形について」「血便は毎日みられるのか?」「血便以外で気になる症状はあるのか?」などを診察時に確認させていただき、その後内視鏡検査で血便が発症している原因を特定していきます。

当院の院長は消化器内視鏡検査の専門医であり、皆さまが快適に内視鏡検査を受けられるよう様々な工夫を行っています。詳しくは「胃カメラ検査ページ」や「大腸カメラ検査ページ」をご覧下さい。

胃カメラ検査ページへ

大腸カメラ検査ページへ

お問い合わせ

お尻からの出血(血便や下血)はそう多く経験することはありませんので、血便がみられると悩んだり不安に思われるかと思います。血便や下血は消化管内の異常が生じているサインです。決して自己判断で解決させるのではなく、医療機関での診察を受けて下さい。

お問い合わせ

TEL:03-6909-2761