消化器科

内視鏡検査・超音波検査を行い早期発見、治療に努めています

診療方針

消化器疾患一般を診察していますが、関連した内視鏡検査・超音波検査を行い、早期発見、治療に努めています。
また内視鏡検査は、上部消化管(食道・胃・十二指腸を中心に観察)と下部消化管(肛門から盲腸まで全大腸を観察)を行い、止血処置・ポリープ切除など症状に応じた治療を行っております。

総合画像診断
Individual Treatment

患者様には十分な検査結果の説明を行っております。 検査画像一元管理システムにより、患者様とモニターを見ながら治療の有無・治療の方針を決めていきます。 ご自身の身体をしっかりと認識することから病気を治療していきます。

早期がん発見装置
Post-divorce Recovery

がんの早期発見に有効な、通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などを、
色調の違いとして強調表示するNBI機能を搭載した EVIS LUCERA (ELITE) CV-290 を当院では導入しております。

こんな症状が出たらご連絡下さい
  • 腹痛、胸焼け、吐き気がある方
  • 下痢・便秘を頻繁に繰り返す方
  • 便に血が混じる方
  • 食欲不振により体重が減少した方

よくある質問

体の外からは直接見ることのできない「内部」を観察する器具の総称で、現在は屈曲できるファィバースコープが一般的です。胃カメラと言われているものは上部消化管内視鏡のことで食道、胃、十二指腸の一部を観察し、ポリープや潰瘍、癌などを診断します。
また大腸カメラは下部消化管内視鏡で、同様に大腸の病変を観察します。その他に呼吸器の病気を調べる気管支鏡、膀胱を調べる膀胱鏡など各診療科で独自のものがありますので、担当医師にお尋ねください。

消化器科では食物が消化吸収され身体各部で有効に働くために活躍する臓器(胃腸や肝臓・膵臓など)の病気を扱います。
症状としては腹痛や嘔吐、下痢、倦怠感、黄疸などがありますが、全くの無症状で検診や人間ドックで病気の兆候が見つかる方も多数いらっしゃいます。
病名としては胃炎や潰瘍、ウイルス性肝炎、肝硬変、膵炎、胆石症、各臓器の癌などです。

胃腸の潰瘍や癌の診断にはレントゲン透視や内視鏡検査が、肝臓や膵臓の炎症や癌の診断には超音波検査やMRI、CT検査が行われます。
消化器の検査は前処置が必要であったり、食止めが必要であったりすることが多いので予約が必要なことがあります。

当院では口腔からの内視鏡を主としています。
楽に検査が行えるよう希望により軽い麻酔をかけて実施しております。